fb2014 のすべての投稿

効果があった自動売買

FXの自動売買については、以前から関心があり色々試したり、自分でも作ってみたりしたこともあるのですが、なかなか良い結果が得られませんでした。
そうした中試してみて一定の効果が感じられたのがいわゆる「トラリピ」と呼ばれる物です。

これは、通常のプログラムを使った自動売買とはちょっと違うのですが、一度注文を出したら、そのまま放置していて良いという点で、自動売買の一種と考えて良いでしょう。
今のところこの取引が行えるのは、ある業者1社だけですが、MT4用のEAも存在するので、それを使えば別の業者でもほぼ同様の利用の仕方が可能です。

この手法が特に有効なのは、レンジ相場の時でレンジの幅さえおおざっぱにとらえることができれば、ほぼ間違いなく収益を上げられると言って良いでしょう。

注意しなければいけないのは、レンジ相場からトレンド相場に切り替わるときですが、そのタイミングでいったん取引を中断して、次のレンジ相場を待ち、改めてレンジの上・下限を設定することができれば、問題有りません。

システムを導入することによって、価格の浮き沈みによる精神的な負担を軽減することができます
参照:FX自動売買ツールを徹底比較※人気ランキングベスト10はここ!!

損切りは素早く、利益はその2倍伸ばす努力をする
FXのトレードが上手になれば損切りしても、トータルでは資金が増えていきます。
そのためには本番をやる前にデモトレードで訓練して勝てるようになってからが近道です。私は簡単に儲けることができるという広告言葉に憧れてFXを始めました。簡単に勝てると思っていたので、デモトレードでやるなんてことはせず、いきなり本番に臨みました。

勝てると安易な気持ちでエントリーしては損切りを連発。FXで損切りになるのは仕方がないのですが、利益と損失のバランスを考えなかったおかげで損失が利益を上回ってしまいました。
相場の世界に絶対はないので逆に動いたら損切りして、利益が乗ったら損切り設定した値幅以上に伸ばす努力が必要です。
そうしないと勝てません。

それに気付いて、デモトレードで訓練して勝てるようになったのですが、本番になると恐怖心からチキン利食いをしてしまいました。
それでも、エントリーポイントを絞ることも訓練したおかげで初心者のときのように大きく負けることはなくなりました。
月単位で見れば大きく増えることもなければ減ることもない収支トントンという感じですね。

もし、デモトレードで勝てても本番で勝てない方がいるとしたら、チキン利食いが原因かもしれません。
どうしてチキン利食いをしてしまうのかと言えば、心のどこかで自分のエントリーを信じてない可能性があるので、何度も練習して成功体験を積み重ねるしかありません。

最近のドル円はFXするには良い感じの相場
少し前までの100円付近の大荒れ相場は、FXでドル円の取引経験が長い私でもひやひやすることの多かった時期でした。
そこから急に円安に動いて120円を大きく超えるかどうかという相場に移った今は個人的にとても戦略を立てやすいと感じています。
どちらも流れの変化を意識されやすいポイントとはいえ、桁が変わってしまう100円付近とは違って比較的穏やかに価格が推移していると思うのです。

乱高下になりやすい相場ではテクニカルが機能しなくなりますし、そこから適度に離れた120円あたりが程よく方向性を捉えやすいです。
私はロングの方がエントリーしやすいから、下値を何度も試す局面が苦手なのも関係しているかもしれません。
FXは売りから入れることも魅力の一つとされていますが、初心者を脱した今でもチャートは右肩上がりの方が気分的に楽だと思います。

実際、直近の勝数ではロングの割合がショートに比べるとぱっと見でわかるくらい多く偏っています。
自分の得意な手法でFXをしたいから、理想としてはこのまま円安方向に進んでくれたら嬉しいです。

バイナリーオプションは簡単では無い

バイナリーオプションはその後の相場が、ハイ・ローのいずれかを答えるだけで収入を得ることが出来ると誰でも簡単に成功する様な広告が書かれていますが、決して簡単なものではありません。

いちかばちか掛けてみて当たればラッキー位に数回試す程度でしたら問題はありませんが、バイナリーオプションを利用して決まった収入を定期的に得たいと言うのであればそんなに気軽な気持ちでハイ・ローを選択してはいけません。

相場は生き物です。相場には流れがありますし、過去の値や現在の経済状況にも常に影響を受けています。
世界中での紛争や自然災害、要人の発言、経済指標の発表によって相場は容易に反転したり波に乗って急上昇、急下落を起こします。

バイナリーオプションですと結果が出るのが早いため、次こそはと言う気持ちが起こりやすく深みにはまるとなかなか抜け出せなくなる恐れがあります。

バイナリーオプションを始める前に、一日の内で何回位の損益を許容範囲とするのかをきちんと設定してルール通りに動いて行く必要があります。
またバイナリーオプションにおいても、通常のFXによる取引と同様にある程度の分析はしておく必要があります。

国内と海外の業者はどう違うのか

現在バイナリーオプションといえば様々な会社が取り扱っていますが、国内の業者と海外の業者の大きく二つに分けられると思います。
いくつか違いはありますが、取引をするうえで個人的に一番違うと感じるのは購入から判定までの時間です。

国内の業者は約2時間に一度の取引になりますので、その分一日の取引回数が制限されますが、海外の業者であれば60セカンズとよばれる1分で結果がでるタイプのものもありますので、国内の業者に比べ一日に多くの取引を行うことができます。
さらに、海外の業者はペイアウト率が高いとも言われており、ペイアウト率2倍の業者も存在します。

2倍ということは、1万円賭けて勝負をして勝った場合、掛け金の1万円がそのまま利益になるということです。もしこれが、ペイアウト率1.8倍だった場合は、同じ1万円を賭けて買ったとしても8千円の利益になってしまいます。

これだけ見ると2倍の方が単純に儲かるような気がしますが、ペイアウト率が高い場合にはあらかじめ定められたスプレッドというものが存在し、判定時間にそのスプレッド内に入ってしまうと、ハイ・ローの方向は読み通りだったのに勝負には負けてしまうというとても悔しい結果になってしまいます。

ですので取引時間や相場の変動性等を考慮し、その時々にあった取引を選んでいくことが大切ではないかと思います。

確率50%

バイナリーオプションは、当初ほぼ50%の確率での勝負したが、規制が強くなり、現在に至っています。
2年前くらい当時は、3万円がMAXの取引で数分後を予測するタイプでした。

もともと50%の確率での勝負でしたし、チャートの見方を若干勉強していた為、最初は順調に勝てていたように思えていました。実際は、チャートの動きがわかりやすいだけだったんだと思いますが。

しかし、負けが続くとチャートを読み誤ることが多く、いつしか収支はマイナスに陥っていました。
ブログ等で指導を行っている方も多くいますが、私が指導を受けようと思っていたブロガーは、明らかにチャートの結果をごまかして公開していました。

本当に儲けているのであれば、ブログ等で無料指導は通常行わないですね。。。
クローズして有料で運営した方が利益が倍になりますね。
負け続けると思考力も低下するので、1日の金額を決めて、有余資産で行うことをおススメします。

バイナリーオプションとはなんなのか

為替金融商品のひとつであるバイナリーオプションですが、そのほかの金融商品と比べるとあまり知名度は高くないような気がします。
名前は聞いたことがある、しかしそれがどんなものかわからないといったことも多いでしょう。

バイナリーオプションは一般的な株式同様、値段が上昇するか下降するかという予想をします。しかし普通ですと損益金額は値幅に応じて変動しますよね。バイナリーオプションはここが異なり、値幅によって損益金額が変わることがないのです。これがいわゆる「ハイ・ロー」と呼ばれるものです。

バイナリーオプションを取り扱っている業者も多く、よく名前を聞くものですとバイトレやみんなのバイナリーといったものでしょうか。バイナリーオプションは海外の方が進んでいると言われているため海外業者も多くあります。
ルールが単純なので一見簡単そうに思えますが、その分リスクなどが高いのが特徴です。しっかりと知識を身に付けて行うことが必要です。