国内と海外の業者はどう違うのか

現在バイナリーオプションといえば様々な会社が取り扱っていますが、国内の業者と海外の業者の大きく二つに分けられると思います。
いくつか違いはありますが、取引をするうえで個人的に一番違うと感じるのは購入から判定までの時間です。

国内の業者は約2時間に一度の取引になりますので、その分一日の取引回数が制限されますが、海外の業者であれば60セカンズとよばれる1分で結果がでるタイプのものもありますので、国内の業者に比べ一日に多くの取引を行うことができます。
さらに、海外の業者はペイアウト率が高いとも言われており、ペイアウト率2倍の業者も存在します。

2倍ということは、1万円賭けて勝負をして勝った場合、掛け金の1万円がそのまま利益になるということです。もしこれが、ペイアウト率1.8倍だった場合は、同じ1万円を賭けて買ったとしても8千円の利益になってしまいます。

これだけ見ると2倍の方が単純に儲かるような気がしますが、ペイアウト率が高い場合にはあらかじめ定められたスプレッドというものが存在し、判定時間にそのスプレッド内に入ってしまうと、ハイ・ローの方向は読み通りだったのに勝負には負けてしまうというとても悔しい結果になってしまいます。

ですので取引時間や相場の変動性等を考慮し、その時々にあった取引を選んでいくことが大切ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です